ねこになりたい

にゃのにゃによるにゃのための雑多な記録

パーソナルカラー&骨格診断に行った。

先日、パーソナルカラー&骨格診断に行ってきた。

 

最初に問診票のようなものを書き、その後パーソナルカラーと骨格診断についての説明を受けていざ診断。出されたルイボスティーが美味しかった。

 

まずはパーソナルカラー診断。自己診断ではスプリングでちょっと自信があったのに、結果はまさかまさかのウィンター。ずーーーっとイエローベースだと思ってたのにまさかのブルーベース。ええええええ?!初っ端から衝撃を受ける。

 

でも、診断用のドレープをあてられながら「ほかの色に比べて、ウィンターの色だと顔の輪郭がシュッとしますよね。」と言われあー確かにそうかもと思ったし、オータムだけは素人の私から見ても微妙なのがわかったけど、スプリングとサマーはとんでもなく似合わないわけじゃないけれどもどこか顔がうすぼんやりする感じだった。また、ベースカラーの診断で黒のドレープをあてられた時に「黒は似合わない人だと顔に影ができるんですけど、にゃさんはできないですね。」と言われた。ということで、じゃあやっぱりウィンターなんだなあと納得せざるを得なかった。

 

 

お次は骨格診断。鏡の前に立って体をあちこち触られる。結果はストレート。自己診断では、少しミックスがあると思ってたけどほぼストレートらしい。

 

ナチュラルやウェーブに似合うジャケットやネックレスを試着させられるも、これは自分で見ても全然似合わないのが分かる。超もっさり。しかし、ストレート用のVライン深めのテーラードジャケットを羽織ると「あーやっぱこれだわ」となり、なるほど納得。

 

ちなみに、その日着て行ったのは身幅にかなりゆとりのある綿麻の半袖膝丈ワンピース(柄は格子の大きい青のギンガムチェック)だったのだけど、「ちょっと後ろをつまみますねー。」と洗濯ばさみでつまんでもらうとあら不思議。ワンピースが体のラインに付かず離れず沿うようになり、「うん!ウェストからヒップ、太ももへのラインがとても綺麗ですね!これは丈もちょうどいいのでこういうシルエットはお似合いです!」と言われる。自分で言うのもなんだけど確かにとても似合っていてスタイルアップして見えた。

 

最後に、黒の10cmくらいのヒールの靴を履かせられ、大き目襟のVラインがしっかりした黒のトレンチコートの前のボタンを留めベルトもちゃんと閉めて着せられた。自分では絶対しないコーディネートだけど、これがなかなか似合ってて格好いい。「やっぱりお似合いですねー」の言葉を再度いただく。それから、襟の後ろをちょっと立ててカシミヤの青みのピンクのマフラーを襟の周りにかけて真っすぐ垂らしてもらうと、これまたクールでいい感じなのだ。自分には縁がないと思ってた雰囲気だったけど、年齢的にもこれからもずっと使えそうなトレンチコートは買わねばと思った。が、「お金かかっちゃいますけど、トレンチコートは絶対丈を合わせてお直しして着てくださいね。」と言われちょっと脳内でうろたえた。

 

その後、似合う柄や服、バッグ、靴、アクセサリー、髪型、メイクなどの説明を受け、質問コーナーへ。手持ちの化粧品の色味を見てもらったけど、アイシャドウもチークも完全なるイエローベース。リップも一部ダメだしをもらう。これは来月から買い替えに走らないといけない。今まで合わない色を付けてうすぼんやりした顔をしてたんだろうなあ……。

 

というわけで、他にも細かく教えてもらったけれど、ざっとこんな感じであっという間の120分だった。とりあえず、手持ちの服やバッグや靴やアクセサリーを吟味してみたくなった。一人ファッションショーで似合う似合わない判定をしてみて、もし行き詰まったらショッピング同行を申し込んでもいいのかもしれない。