ねこになりたい

にゃのにゃによるにゃのための雑多な記録

「変身」/カフカ を読んだ。

超有名な本って全く読んでないなと思って昔買ったカフカの「変身」を今になってようやく読んだ。

 

読んでるうちに、他の本で知った「機能不全家族」というのを思い出していた。グレーゴルは自ら犠牲となって家族の自立を助けたのではないか、グレーゴル本人はそれを望んでいたのか自分でも分からないが結果そうなるように自分の役割を果たそうとしまったのではないか、詳しく述べるほどの知識はないけれど、そんな気がした。