ねこになりたい

にゃのにゃによるにゃのための雑多な記録

「スプリング・ガーデンの恋人」を観た。

コリン・ファース主演。

 

コリンの役名がそのままコリン。肖像画専門の画家という設定。これはラブコメになるのかな?なんていうか、話の展開が色々お手軽すぎでは、といちいち突っ込みたくなった。失恋の傷心を癒すための旅先で舞い上がって婚約までいってしまったとしか思えないんだけど、それで大丈夫なのかコリン……。

 

まあ、元婚約者のいたずら(コリンがなかなか結婚に踏み切ってくれないので、他の人との結婚式の招待状をでっち上げてコリンに送りつける)はさすがにあんまりだし、そういう相手を試すような行動をする人とは別れて正解と思うけど。

 

ブコメなのでリアルに考えてはいけないんだけど、なんか今一つ、いや今二つという印象。

 

以下箇条書き。

◾️このコリン役は特段コリンでなくてもよさそうかな……と思った。でもまあ、お風呂上がりに手ブラならぬマフラーブラをして浮かれてるコリンとか、彼女の似顔絵をわざとブサイクに描いて怒らせてキャッキャウフフして追いかけっこするコリンとか、だんだんイライラしてきて声が裏返るコリンの怒る時の演技とか、コリンを楽しむ映画としては楽しかった。

 

◾️恋人を抱えて長い距離を歩くのはブリジット・ジョーンズの日記3が初めてじゃなかったんだねコリン。お姫様だっこして長距離歩くのって、なんか向こうのラブコメではお約束の憧れ的なものがあるの?

 

◾️コリン、パンツ(下着)忘れてきたのに買わないのなんでだろ?画材買うお金はあるのに。

 

◾️コリン以外の感想。田舎ではどこの誰が何してるが全部筒抜けなのは日本に限ったことじゃないのと、日本でリメイクするなら宿屋の主人はイッセー尾形さんでお願いしたい。